研究科の概要

設置の趣旨・目的

 鳥取大学大学院連合農学研究科は、鳥取大学、島根大学及び山口大学の農学研究科の3修士課程が連合して、平成元年(1989年)に設立された後期3年のみの博士課程です。
本研究科の設置の目的は、一大学のみでは成し得ない広範かつ専門性の高い教育研究分野を組織した農学系の大学院博士課程の教育研究体制を作り、生物生産科学、生物環境科学、生物資源科学及び国際乾燥地科学に関する研究を推進させ、高度の専門的能力と豊かな学識を備えた研究者・技術者を養成し、我が国の学術研究の進歩と生物関連諸産業の発展に寄与することです。

 本研究科では、産業社会人に対する教育を重視しており、社会人学生を積極的に受け入れています。また、近年急増しつつある外国人学生、特に開発途上国からの留学希望者についても、母国の発展に寄与する人材として積極的に受入れています。さらに、国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(JIRCAS)と協力して、教育研究の交流を図っています。

 

 

課程教育の方針

本学の大学院連合農学研究科は、鳥取大学大学院農学研究科、島根大学大学院生物資源科学研究科及び山口大学大学院創成科学研究科(H28.4新設)の修士課程の講座と、附属施設並びに鳥取大学乾燥地研究センターを母体として編成しています。それぞれの研究科(修士課程)とは別の独立した研究科ですが、各大学の研究科と密接な連携協力のもとに運営されています。

 

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
本研究科は、学位授与の方針に示した人材の育成を図るため、農学及びその関連分野における広い視野に立った高度な探究者として共通に持つべき教養を体得させるとともに、生物生産科学専攻、生物環境科学専攻、生物資源科学専攻、国際乾燥地科学専攻の各専攻分野において、自己の専門分野及びその関連分野の深い知識を修得させることに重点を置いた専門教育、さらに研究遂行能力等の実践力に重点を置いた学位プログラム教育を実施します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)
本研究科では、(1)生物生産科学専攻、生物環境科学専攻、生物資源科学専攻及び国際乾燥地科学専攻の各専攻分野で必要とされる基礎知識と学力を有する人、(2)より高度な専門的知識や技術の獲得、さらにそれらを応用した独創的な研究に取組む意欲のある人、及び(3)科学技術の発展と地域や国際社会の要請に寄与したいという強い意欲のある人を求めています。各専攻が求める人材像は以下のとおりです。

【生物生産科学専攻】
農林業における生産・流通・消費に関わる諸問題に関心があり、これらの諸問題解決に取組みたいという強い意欲のある人。

【生物環境科学専攻】
農業生産環境の評価や改善及び農林水産業に関わる生物および環境の保全に関する諸問題に関心があり、これらの解決に取組みたいという強い意欲のある人。

【生物資源科学専攻】
動物、植物、菌類等が備える多様な生命機能に対して高い関心があり、その分子レベル及び遺伝子レベルでの解明と、資源としての幅広い利活用を視野に入れた先端的研究分野に挑戦したいという強い意欲のある人。

【国際乾燥地科学専攻】
世界の乾燥地における環境や食糧等に関わる諸問題に関心があり、幅広い視野と専門的知識・技術を生かして国際的に活躍したいという強い意欲のある人。

 

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
本研究科では、農学及びその関連分野において、研究者として自立した研究活動または高度な専門的業務に従事するために必要な研究能力とその基盤となる豊かな学識を身に付けた場合に、博士(農学)の学位を授与します。各専攻における学位授与者が備えるべき要件は以下のとおりです。

【生物生産科学専攻】
農林業における生産・流通・消費に関わる各々の領域において発生する諸問題を改善・解決するために、必要な研究能力とその基盤となる学識と高度な技術等を修得していること。

【生物環境科学専攻】
農林水産業の生産環境及びその周辺の環境において発生する諸問題を改善・解決するために、必要な研究能力とその基盤となる学識と高度な技術等を修得していること。

【生物資源科学専攻】
動物、植物、菌類等の多様な生物種の生命機能の解明や資源としての高度利用に関わる各々の領域で、必要な研究能力とその基盤となる学識と高度な技術等を修得していること。

【国際乾燥地科学専攻】
世界の乾燥地における環境や食糧等に関わる諸問題を改善・解決するために、必要な研究能力とその基盤となる学識と高度な技術等を修得していること。